UBER初利用の方に使い方を徹底的に解説【保存版】




最近シェアリングエコノミーにはまっている三浦です。

調べているにあたり、今までは日本でUBERはまだ浸透しきっていなかったと感じていましたが、最近はCrewLINE Taxiを初めとしたライドシェアサービスは出てきているようですね。

ただ、UIやUX、そして利便性といった部分やライダーとドライバーの母数的には圧倒的にUBERの方が優れており使いやすいといった声も聞きます。

この記事では、僕がサンフランシスコにて交通手段として頻繁に使っているUBERの解説をしていきたいと思います。

家族や友人が来てくれた際にダウンロードを始めとした手間や、そもそも使い方をわかっていなければ便利でも使えないためもったいないと感じました。

スポンサーリンク

そのため、これからアメリカへ来られる方や、UBERを気楽に使ってみたいという方向けに使い方について説明できればと思います。

アメリカ降り立った日に初のUBERの記事を書きましたがわかりにくいためもう一度改めて書くことにしました。

UBERとは

UBERは世界に知れ渡るユニコーン企業の一つ。2009年にTravis Kalanickによって創業されたのち、破竹の勢いで成長を遂げた。

しかし、社内のセクハラ問題の浮上や経営上の問題等が重なり、CEOが交代しているという事実もあり、実際こちらのエンジニアやPMの方は働く場所としてUBERを積極的に選びたがらないのは事実。参考記事

ただ、UBER社自体のテクノロジーは一流で、位置情報からマッピングまで全て自社で開発しているそう。
また、ドライバーはマップアプリであるWazeかGoogleMapを使って運転することが多いです。

また、最近ドライバーに以下のことを聞きました。

予想していたよりも多くの反応があり、みんな知りたがっている情報であったのかなと思ったので今回の記事も付随して書く形にしています。

ちなみにUBERの第一競合と言われているLyftも車を持っていないドライバーに対して車を無料で貸しているそう

それによってドライバー(供給)を増やしてライダー(需要)に応えやすくするとともに、おそらくLTV(Life Time Value)で見た時には車を貸し出すコストより圧倒的に収益の方が高いのでしょう。

前回はそんなことを知れたライドでした。それではUBERの使い方に参りましょう。

UBERアプリ登録

ダウンロード


「日本でダウンロードしそびれたけどアメリカでやれば大丈夫」と思わず、日本で事前ダウンロードすることをおすすめします。

いざアメリカでやろうとすると回線が違うことが原因なのか、App Storeにアクセスすることができなかったのです。

(僕の家族はWiFiレンタルで来ていたのですが、それではできずにいましたので僕のiPhoneのテザリングで何とかダウンロードに成功しました)

そのためまずは日本でダウンロードしてくるのをおすすめします。(こちらのSIMなどで生活する人は気にしなくて大丈夫です)

また、ダウンロードの際はこちらからしていただくことにより1500円分の割引きが入るとのことなのでよかったらお使いください。

個人情報入力


お次は個人情報登録に入ります。この際に自分のメールアドレスや電話番号、ログインパスワードを設定します。

メールアドレスはUBERの乗車レシートやプロモーションに使用され、電話番号はUBERリクエストでお互いの居場所がわからない時にリアルタイムでコミュニケーションを取るために使用されます。
ログインパスワードは、アカウントの証明です。

次はお支払い方法の登録です。UBERはタクシーと異なり、決済がリクエスト完了と同時にデバイス上で済まされるため、現金を持ち歩く必要や降車時にお金をドライバーに渡す必要がないのです。

スポンサーリンク

いざ乗車リクエスト!!

現在地&目的地を指定


現在位置をGPS機能で特定してくれるため(設定→UBERアプリ→位置情報をオン)、やることは目的地を入力するのみ。

入力が完了すると、「だいたいこのくらいの時間に到着します。その他のライダーをピックアップします」などの情報が渡されます。

『COMFIRM POOL』を押すと、近くの乗車場所をピンで決めるよう指示されます。場所を指定した後はドライバーを待つのみです。

サービスの種類について詳しく解説

上記の画像の中で、Express POOL、POOL、uberXというものが見えるかと思います。
実はこれ以外にも種類があるのですが、種類別に今から解説していきたいと思います。

POOL


1~2人まで乗ることができる一番ベーシックなライド形態です。今までは基本的にこれで移動していました。

ただ、車によってキャパシティというものがあり、例えばTOYOTAのプリウスであれば5人乗りです。

そのため、僕が1人で乗った場合、ドライバー含めて2人乗っていることになります。

つまり、3人分のキャパシティがその車には余っています。

POOLというのは相乗りという意味で使われているため、新しいライダーが目的地に行くまでにどんどん追加されていく場合もあるため、目的地までにかかる時間が予想より大幅にかかる場合があるので注意が必要です

Express POOL


最近最も使っているライドです。
POOLと基本的に同じなのですが、異なる点は

  • 乗車場所まで歩く
  • 料金がPOOLより25%安い

ことです。

乗車場所まで歩くとなると、一見「遠い場所まで歩く必要があるのかな」と僕も思いましたが、歩いて現在位置から2〜3ブロック先ですし、何なら歩かないで現在位置までそのまま来てくれる場合も多いです。

POOLとの違って困ることがあるかというと全くなく、むしろ25%お得なので最近はExpress POOLのみ使っています。(1~2人の場合)

ただ、サンフランシスコ・ベイエリアでしか現在は展開されていないようです(18年2月上旬現在)。

例えば1週間前に行ったロサンゼルス、1ヶ月前に行ったラスベガスでは一番ミニマムでPOOLサービスまででした。

uberX


uberXは1~4人まで乗ることができます。グループで行動している時などによく使います。

基本的にPOOL、Express POOLと変わらず、その人数が少し多い版と思っていただいて構いません。

車のサイズは以上3つは基本的にプリウス、カローラなどのセダンタイプなため、人数が多い場合は窮屈に感じられるかもしれません。

スポンサーリンク

SELECT


実は初めてUBERを使う際にやり方がわからずに使ってしまったのですが、これは簡単に言うと高級車がPOOLなしで(他の客が乗ってこない)目的地まで運んでくれるものです。ただ、価格が高いです。

1~4人まで乗れるため、プライベートな空間が欲しい場合には使えるかもしれませんが、僕は基本的にPOOLで全く問題ないかなと思います。

BLACK


SELECTよりもさらに少しお高いのがこのBLACK。
これは高級車に加えて、高級ドライバー(レビューがかなりいい、サービスが素敵)が迎えに来てくれるクラスです。

ただ、同じ乗車場所から同じ目的地をExpress POOLとBLACKで指定した場合には、[$3.15]と[$21.34]と、およそ7倍の価格差があります

これはこれからも使わなそうだなと思います。ただ、1回はいいドライバーの高級車に乗ってみたいなという気もしています。

uberXL


これは先ほどのuberXのキャパシティが6人まで増えたもの。しかも6人まで収容できるということは総じて車の種類はSUVタイプですので車内空間も快適です。

大人数で移動する際に便利ですよね。料金も、割り勘をすればそこまで高くもないです。

SUV


おそらくライド形態の中で一番単価が高いのはこのSUVです

使ったことはありませんが、BLACKのキャパシティが6人までになった上に、プライベートな空間(他のライダーが乗ってこない)を楽しめるものです。
ただやはり価格は高く、同じキャパシティを持つuberXLが[$12.86]の時、SUVは[$31.24]です。

TAXI


これも使ったことはないのですが、実はUBERはTAXIの形態もとっているそう。
UBERのアプリでTAXIを呼べるのですが、この料金清算方法は[Metered]ということで、距離や時間で考慮されそうです。

おそらく決済は降車時にデバイス上で支払えると思いますが、POOLやSELECTで料金がわかっている方が安心ですのでTAXIはあまり使われそうにないのかなと主観で思ってしまいました

スポンサーリンク

ASSIST


怪我などをしているライダーに対して資格あるドライバーがサポートするという形態です。

追加料金がPOOL+ASSISTでかかるというわけでなく、1~4人で乗車の場合、ASSISTの形態でドライバーを呼ぶことが可能です。

WAV


ASSISTの車椅子バージョン。車椅子でなくとも、何かしら足腰に障害や怪我があるライダーに快適に乗りやすくするための形態。

振り返ってみると、UBERは色々なユーザーのニーズに答えているなと思いました。
どれで乗車するのかを決めたら次は実際に乗ってみましょう!

乗車にあたって

ドライバーを指定した乗車場所で待つ

ドライバーを待ちます。マップ上に『今ドライバーはどこにいてあと何分で着く』ということも表示されていますので、その間に準備したりニュースを見たりすることも可能。

場所に関しても、もし相手が遅かったりした場合は自分から黒い線上のルートに迎えに行ってもピックアップしてくれます。

ドライバー情報を確認


ドライバーの情報が予約した際に表示されます。そこには『車種・車の色・ナンバー・相手の顔写真』などが載っています。

ナンバープレートは7桁で成り立っており、覚えにくいので僕はナンバーの下3桁と車の色のみ頭に入れて探すようにしています

乗車


ドライバーの車が見つかったら挨拶をして乗ります。乗ったあとは基本的におしゃべりをしたり、自分のやることをしたりと車内空間は自由に過ごすことができます。

面白い点は、車によってサービスの厚さが異なることです。ドライバーの本気度でしょうか。

あるドライバーは音楽を爆音で流しながら運転しますが(かなりストレスだったのでレビューは3/5をつけました)、あるドライバーは水やキャンディをサービスしてくれました(レビューは5/5)。

様々な人に会って話してみるとたまにいい情報が入ってきたりします。

上記の写真のように、UBERやLyftとして稼働している車には会社のロゴが貼られています

乗車後

レビューとチップ


乗車後にはメールにレシートが送られてきて、それと同時にドライバーに対してのレビューとチップを求められます。

その2つは強制的にやらなければならないものではないのです。基本的にレビューだけはつけるようにしています(だいたい5/5。爆音の人だけ3/5にしました。)

スポンサーリンク

裏側サービス

補足ですが、実はUBERにはRide Passというものがあります。

これはどういうものかというと、移動距離が15マイル(およそ22km)UBERの基本料金がPOOLは$2.5になり、uberXは$3.5になるという、もはや公共機関よりも安い(muniというサンフランシスコの電車とバスは$2.75で遅い上、環境も良くない)料金で提示されます。

条件は明かされていないのですが、UBERを頻繁に使うユーザーが付与されているようです。友人が以前もらっていました。

その他便利機能

最後に、ここ数ヶ月で追加された機能を紹介します。
「事前予約できると便利だな」や「友人と2人で乗る際に目的地バラバラに指定できればいいのにな」と思っていましたが、最近それが出始めました。

日時指定機能


これをすることにより「A地でB時に予約」することが可能になります。
一度、空港へ行く際に試みたのですが、なんとuberXでしか運んでくれないらしく、費用がかさむため使いませんでした

目的地分散機能


これはかなり便利な機能ですよね。例えばイベントの帰りに、それぞれ違う家に帰る際、だけど話して帰りたい場合にかけて非常に有効と思います。

ただこちらもuberXのみでしか使えませんが、これから使う機会がありそうな気がしています。

過去の乗車を振り返ることができる


友人と旅行に行く時に複数回を各人バラバラな回数使うと随時記録しない限りは払った金額を混乱してしまいます。

また、家計簿をつける際などにも役立つであろうものがこの『過去乗車』を振り返られるものです。
メニュー→過去乗車(Your Trip)』の欄から閲覧できます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
僕はかなり頻繁にUBERを使っているのですが、特にExpress POOLにはお世話になっています。

ちなみに、乗車料金は需要と距離に応じて変化すると言われています。短距離の場合、かなりお得に乗れることが多いという印象です。

ただ、例えばサンフランシスコ→マウンテンビューなどの距離(40マイル。およそ60km)であり、電車などが通っている場合はそちらの方が安いため状況によって使い分けるといいと思います。

サンフランシスコ・ベイエリアの公共機関の使い方を記事にしてみた

また、最近はUBERが自転車シェアにも参入ということで、これからは自転車さえもUBER内で使えそうな動きがあり非常に楽しみです。

とりわけサンフランシスコは場所によっては治安が悪かったり、交通機関(バスや電車)のスピードがものすごく遅い(3kmの場合40分くらいかかる)上に異臭に包まれている時もあるため、目的地まであまり止まらずに快適に連れて行ってくれるUBERは欠かせないものです。(会話をすれば英会話の練習にもなります)

ぜひアメリカにお越しの際は利用してみてください!

アプリダウンロードはこちら

1500円引きクーポンはこちら(初乗車終了後付与されるそうです)



サンフランシスコ・シリコンバレーへの留学を考えている方向けの記事

▼留学したらこうなる

アメリカに6ヶ月いて変わったこと、感じたこと【アメリカと半年記念日を迎えてみて】

▼シリコンバレー留学の前に必ず読むべき記事

【これで準備万端!!】サンフランシスコ・シリコンバレーの生活で入れておくべきアプリ10選

シリコンバレーでインターンしたい学生必読書

▼英語のコミュニケーションの壁にぶち当たった時に読むべき記事たち

言語交換サービス、Hello Talkを使ってみておすすめできると思った理由

【出川イングリッシュ最強説】英語で躓いたらとりあえずこれを読めば元気になれるよ

▼三浦のSNSフォローはこちら

Twitter

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)