【電車・バスもあります】シリコンバレー・サンフランシスコの交通機関の使い方まとめ【保存版】




シリコンバレー初心者
シリコンバレー・サンフランシスコでUBERやLyftを使うけどお金がかかる。。他に楽チンで安い移動手段はないのかな?

本記事ではこういった疑問にお答えします。

ちなみに僕もこう思い、この記事を作成しようと思いました。

サンフランシスコに滞在する前は、サンノゼに2週間ほどいたのですが移動手段をUBER以外知らず、UBERを使っていたらたった2週間の利用で交通費合計が38000円になってしまったからです。

【UBERって安全なの!?】アメリカにて初めてUBERを使ってみた感想

2017.05.17

これからこの地域で暮らす方、ベイエリアに短期で来られる方に少しでも多くの移動手段を知っていただきたく思います。

本記事の構成

  • 主要移動手段3つを解説
  • それでもピンチな時はこの2つを使おう!
  • 電車を使う時に注意すべきポイント

1.muni

サンフランシスコに住んでいるのであれば使うべきはmuniです。

スポンサーリンク

1回の乗車は2.5ドルで済みます。もし乗り換えがあったとしても1日の中の初乗車から90分以内であれば無料で乗り換えることができます。

また、muniはトレインとバスを運営していますのでどちらにも切符やclipper(下記記載)を反映させることができます。

搭乗券

f:id:m-fumifumi:20170704054452j:plain
切符です。2.5ドルでmuni内で購入できます。*おつりは出ないので注意してください!!

f:id:m-fumifumi:20170704054523j:plain
これはclipper Cardといって、日本でいうパスモやスイカみたいなものです。チャージして繰り返し利用することができます。

また、通常2.5ドルなのが、カードを使うと2.25ドルで乗車できるためおすすめです。f:id:m-fumifumi:20170706094421j:plain
↑サンフランシスコ市内の大学や、ダウンタウンの地下改札(powell,montgmeryなど)の自動販売機で購入できます。

ちなみに、clipperにも定期券のようなものがあります。78ドルでmuni1ヶ月乗り放題、94ドルでmuni+BARTが乗り放題です。

僕は78ドルの1ヶ月乗り放題の方を購入していました。

muniで確認すべき箇所

僕はmuniを時々間違えるので(未だに…)間違いを少なくするために確認すべき箇所を載せておきます。

例えば、Googleマップで検索した結果muniで『43番バスから2番バスへ乗り換える』と出たとします。

f:id:m-fumifumi:20170704055120j:plain
実は、その番号が一番重要なのです。
これさえ確認しておけば間違える可能性をぐっと防ぐことができます。
肝心なその番号を確認できるところはバス停の上に書いてあります。

f:id:m-fumifumi:20170706094646j:plain
右上に43番と書いてありますね。これを確認する癖をつけていくことで、間違いを減らすことができます。

f:id:m-fumifumi:20170706094536j:plain
ちなみにメトロのバスストップです。左上に「N」と書いてありますね。これは地下鉄の種類番号を表しています。

muniの見た目

muniシリーズを紹介していきましたが、そもそもmuniって何?
というイメージを膨らませるためにこちらを載せますね。f:id:m-fumifumi:20170706094844j:plain
こちらが先ほど述べましたmuniメトロです。アルファベットで区分されています。
アルファベットを気をつけることと、インバウンド(ダウンタウン行き)、アウトバウンド(ダウンタウンと反対)の方面に気をつけてお乗りください。

 時間通りに来ない、もしくは早めにいってしまう場合もあるため余裕を持って到着することをおすすめします。
f:id:m-fumifumi:20170706095348j:plain
muniの改札口はこれです。上に「muni」と書いてあることをしっかりと確認しましょう。

2.BART

BARTは地下鉄のようなものです。バークレー方面までもいくことができます。

僕の友人はBARTを使っているようですが、muniより料金が高いことに困っているのだそうです。

muniはどこへ行っても2.5ドルに対し、BARTは距離が長いと9ドルほどかかってしまうからです。

僕はBARTはそんなに使ってはいないのですが、muniのパスを持っていることや、単純に高いことで例えGoogleマップ検索で出てきたとしても極力使わないようにしています。

先ほどマンスリーパスの紹介をしましたが、BARTにもそれはあって、muni+BARTマンスリーで94ドルです。

もしmuniと合計で94ドル以上かかるのであれば購入をおすすめします。

BARTにはBART用のチャージ可能なカードがあります。f:id:m-fumifumi:20170706095003j:plain
これも自動販売機で購入することができます。購入したい金額を選び、お金を払うとその分のチケットが出てきます。

f:id:m-fumifumi:20170706095056j:plain
しかもこれは使い回すこともできるため、BART専用のパスモとなりえます。
短期の旅行などでしたらこちらで十分かと思います。 f:id:m-fumifumi:20170706095245j:plain
ちなみにBARTの改札口はこれです。上に「BART」としっかり書いてあるためmuniと間違えないようにしてください!!

もし間違えて通ってしまい、「しまった!」と思いもう一度改札を通ってももう手遅れ。何もしていないけれど5.75ドルの通り抜け料金が取られてしまいます。(僕は2回くらいました。)

スポンサーリンク

3.caltrain

サンノゼ⇄サンフランシスコ間の移動はこれで決まりです。

サニーベール(サンノゼ地方)からサンフランシスコまでなんと1時間弱でいけてしまいます。

ちなみに僕はそれを知らずにUBERで行くしかないと思い込み、1回サニーベールからUBERでサンフランシスコへ行ったところ、60ドル(約6600円)かかったのでぜひcaltrainは覚えていただけたらと思います。

caltrainはサンノゼ南からサンフランシスコまでを走っている非常に大きく便利な列車です。

f:id:m-fumifumi:20170704050458p:plain
(Google画像検索から引用)

caltrainのチケットはここで購入します。

f:id:m-fumifumi:20170710052839j:plain
ゾーン毎に分かれており、1~6が存在します。

アダルト(18歳以上65歳未満)であれば最低3.75ドルから購入できます。ゾーンをまたぐ毎に2ドル増していきます

例えばゾーン1→2であれば5.75ドルなのがゾーン1→3であると7.75になるといった様子です。f:id:m-fumifumi:20170704054741j:plain
caltrainは非常に大きく、マウンテンバイクで来た人が乗れるように自転車をおけるスペースがある車両であったり、テーブルがある車両があり、そこで仕事をしている人もよく見かけます。f:id:m-fumifumi:20170710052925j:plain
こちらがCaltrain。二階建てでかなり大きいです。f:id:m-fumifumi:20170710053010j:plain

f:id:m-fumifumi:20170710053040j:plain
車内はこんな感じです。イメージは東海道線のグリーン車です。

いざという時の移動手段

以上のものを使っても、夜遅くなってしまったり、遅刻を免れるために車で移動したい時は以下2つのアプリがおすすめです。

UBER

言わずと知れたこのサービス。

終電を逃した時や急いでいる時に使いましょう。しかし気をつけて欲しいのが長距離では使わないことです。かなりのお金が取られます。

以下の友達コードを登録時に打ち込んでいただけると、僕もあなたも15ドルがもらえるらしいので、使ってみると1乗車がお得になります。
[友達コード] ypdtcbteue

▼UBERの使い方がわからなくても大丈夫!こちらで徹底的に解説しました

UBER初利用の方に使い方を徹底的に解説【保存版】

2018.02.14

Lyft

LyftもUBERとほぼ同じのサービスです。2つあるといい理由は、料金の比較ができることです。

もし車で移動したい時があれば、2つとも起動して料金の比較をし、ドライバーを呼ぶことが可能になります。

そういった意味で、僕はこの2つを入れておくことをおすすめします。

こちらもコードがあったので貼っておきますね。Lyftでは10ドルがもらえます。
[Lyftコード] FUMIYA19864

まとめ

サンフランシスコ、サンノゼの移動手段について綴りました。

電車やバスの遅延はほとんどなく、予想以上に快適に利用することができています。参考になれば嬉しいです。

▼その他移動手段の記事

UBER初利用の方に使い方を徹底的に解説【保存版】

2018.02.14

【UBERって安全なの!?】アメリカにて初めてUBERを使ってみた感想

2017.05.17

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サンフランシスコ・シリコンバレーに留学していました。 現地では人生を懸けて戦うシリコンバレーの日本人の生き方を日本にいる人たちに伝えたいということからインタビューをしていたり、学生がシリコンバレーの情報を継続的に届けているメディアなどがないと思い、その時からブログを運営し始めました。 現在は経済学部4年生をやりながら、六本木でPMをやらせてもらっています。関心分野はシェアリングエコノミーとブロックチェーンで、女性権利問題に大きな課題や憤りを感じています。優しい社会を創りたい。