【フードデリバリーシェアリングサービス】Postmatesを使ってみた感想




Postmatesとは?


アメリカ、カリフォルニア州で誕生したPostmates

ポストメイツは従来のFedExやUPS(日本でいうクロネコヤマトのようなもの)などと違う点は、レストランのデリバリーサービスを代行して受け持ったり、その上スーパーの買い出しや商品の引き取りをも可能にするところ。

そのため、これまでデリバリー会社と連携していなかった小売店やレストランでも『デリバリー』という新しい顧客流入口を作れたり、それにより逃していた顧客の損失を防ぐことが可能になります。

また、Postmatesは宅配業者として成り立っているのでなく、パートの従業員でほとんどが成り立っています

Postmatesで働いている人たちは”Mates”と呼ばれ、注文をすると彼らが頼んだものを持ってきてくれます。

スポンサーリンク

まさに、マンパワーのシェアリングだなと思いました。

僕が最近作成した、シェアリングエコノミー36選の資料にも載っているのでよろしければご覧ください。

さて、そんな今回はPostmatesがどうやら話題になっている。ということで、サービスを使ってみたのでその体験のレポートを書いていきたいと思います。

Postmatesにて注文

アプリを開く


PostmatesのUIは個人的にクールで好きです。アプリを開くと、このように『Breakfast』『Coffee』といったシーン別、そして『Japanese』『Thai』などといったジャンル別から選ぶことが可能です。

決済の終了


こちらにて決済を終了させます。注文した商品を受け取る際にもお金を出す必要はありません。

僕のはクーポンを使ってデリバリーフィーが無料になっています。もしPostmatesをお使いの際はMEJ3J4を試すとなんと$100のデリバリーフィー無料券がもらえるそうです…!!(僕には$10入るのだそう)

僕のはネットからとったクーポンで、今回きりで終了のものでした。。

注文を確定


僕は家から近いこの『Poki Time』というお店で注文を確定しました。

確定後、『到着見積もり時間』『住所』『お店側の流れ』などが明示されます。

また、一番下の『GET FREE DELIVERIES』は7日間は無料で、本来かかるデリバリーフィー$3.99が$0になるそうです。

その後は1ヶ月$10などで(プランによる)デリバリーフィーが無料になるというものです。
Postmatesを使い続けるユーザーにはとても便利なサブスクライブだと思います。


注文を確定し、お店側の準備が終わると今度はデリバリーの段階に。
突然通知が来て、Edwardoさんが8:05pmに持ってきてくれますよというのを表示してくれます。

また、最近のデリバリーサービスはほとんど同じだと思うのですが、今デリバリーがどこにいるのかというのをGPSを使って表してくれているため、もしデリバリー側が道に迷ったりしてもこれを見ながら落ち合えます。

商品を受け取る


商品を受け取ることが出来ました!しっかりとPostmatesと書かれたレシートが貼ってあります。
しっかりと中身もバッチリ注文したものでした。言ってもこれまで結構このようなデリバリーサービスにお世話はなっているため、そこは心配していませんでしたが…。

ちなみに、PostmatesのMatesさんたちはみんなPostmatesオリジナルバッグを持って運んでくれます。一瞬すぎて実際の写真は取れなかったのですが、イメージはこのような感じです。

感想

Postmates、なかなか楽しめて使えた気がしています。

これまで、DoorDashEat24UBER eatsGrubHubはデリバリーとして使っていますが、体験としては特に変わりがない気がしています。

ただ、この4社とPostmates、すべてサービスモデルが異なるので面白いと思います。

また、Postmatesに関しては、UBERとLyftと同じように、テンポラリーで稼ぎたい人がパートタイムとして気軽に職につけるということで、失業率が高まるアメリカでは職の分母を増やしなおかつ社会を便利にするという意味で重宝されるモデルと言われています

だからこそ僕もシェアリングエコノミーに興味があるのですが。

今後、以上4つの、『デリバリーサービスを比べてみた』といったような記事もやろうかなと思っているので、ぜひお楽しみにしていてください。
→Postmatesのクーポン: MEJ3J4
シェアリングエコノミースタートアップ36社まとめ

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)