映画「アトランティスのこころ」をフル動画で無料で見る方法!あらすじと見どころをおさらい

※本記事は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTでご確認ください。

見たい人
映画『アトランティスのこころ』を無料で見たい…どうすれば…

これについてお答えする記事になっています。

nikufumi
『アトランティスのこころ』は2001年に上映された映画で、ベビーブーマー世代のアメリカ人の人生について書かれている知るひとぞ知る名作です!

今回はそんな『アトランティスのこころ』についてのあらすじ・みどころ、そして無料で見る方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

すぐに無料で動画を見るなら、U-NEXTとTSUTAYA TVがおすすめ

アニメや映画だけでなく、なんと漫画も雑誌も無料で見ることができます

U-NEXTがおすすめな理由
  1. 31日間の無料期間があるからです。無料期間中の解約はいつでもでき、お金は一切かかりません
  2. 80,000もの作品があるので、見たい作品がほとんど全てありました(個人の経験です)
  3. ダウンロードができるので通信量を気にせずいつでもどこでも楽しめます

また、この無料期間に登録すると、600円分のポイントがついてくるので、レンタル作品などがあってもポイントを利用すればそれさえも無料で見ることができ、非常にお得です。

TSUTAYA TVは今なら1,080円分のポイント付きです!

TSUTAYA TVもおすすめの理由
  1. 30日間の無料期間があるため、期間中見放題だからです
  2. 作品の本数は約10,000本あり有名作品がたくさんあるからです
  3. 1,080円分のポイントがもらえるからです

今の無料期間に登録をすると、1080円分のポイントがつくので本来であればレンタル料がかかるものでも実質無料で見ることができちゃいます!

TSUTAYA TVでは、「アトランティスのこころ」400円(税抜)なので、ポイント利用で無料で楽しめます。

「アトランティスのこころ」あらすじ

カメラマンのボビーの元に、古びた子供用の野球のグローブ荷物が届きました。それは幼馴染が事故死した知らせでした。
故郷の葬儀後に初恋の女の子の死去も知って、ショックを受けながら少年時代を回想します。

11才のボビーは母子家庭で、自転車が欲しくても買ってもらえません。
ある時、アパートの2階にテッドという謎めいた老人が越してきました。
母親が忙しいボビーは、自然とテッドと話す機会が増え、自転車代金のアルバイトをすることになります。

目の悪いテッドに新聞を読み、不審な張り紙や不思議な能力を持つが故にテッドを追う黒服の男達を見かけたらすぐに知らせる様頼まれます。
母親の出張中にテッドに預けられたボビーは、逃走資金を作るために賭けボクシングのバーに連れて行かれます。

テッドは、母や幼馴染の女の子に危険を予知し怪我をも瞬時に治したものの、誤解した母親からFBIに密告されしまい、掛け金の入手を目前にしたテッドに危機が迫ります…。

アトランティスのこころ 3つのみどころ


出典

見どころ①:主人公ボビーの子供時代の回想シーン

映画のほとんどの部分が、主人公ボビーの少年時代を回想しているシーンです。

現在が、生まれ故郷の雪が薄く積もった凍える風景や、殺伐と荒れ果てたアパートの建築物であるのに対して

回想の中でのシーンは、初夏~初秋頃の緑や日の光が美しい季節で生き生きと夢の時代として描かれています。

母子家庭で決して恵まれた環境ではなかったボビーの、他愛無く何事もなかった日々に突然現れたテッドという不思議な老人の存在の大きさや、
父親不在の子供心に、年齢こそ大きな隔たりがあるものの唯一心が通じ合う友情が存在した出来事を描いています。

身体も小さく優しくて弱気であったボビーが、テッドと知り合ったことで心身共にたくましく成長していく過程や

初恋の女の子との思い出が蘇る映像が美しく心に残ります。

ボビーの子供時代を演じたアントン・イェルチンと、初恋の幼馴染の女の子キャロルを演じたミカ・ブーレムが可愛くて見ていて癒されます。

見どころ②:老人テッドの謎

政府が共産国との攻防に超能力者を使用することを発表した新聞記事によって、謎の老人テッドの一連の行動の真相が判明します。

ジワジワと追い詰められていたテッドでしたが、ボビーの母の誤解や、ボビーの子供だったが故のとっさにとった行動により

逃走資金を手にすることなく捕まってしまい、どこへ行くかも知られずに連れ去れてしまいます。

逃走資金は、その特殊能力により賭けボクシングで得られましたが、既に予知していたのか逃走が間に合わなかったのか、

賞金はボビーにゆだねられ、母子の生活が安定しこの土地を離れて変貌するきっかけとなっています。

テッド役は、「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」で、サイコな精神科医で猟奇殺人犯のレクター博士役を演じていたアンソニー・ホプキンズ。

登場後、直ぐに存在感を放つのが流石です。

見どころ③:かつてのトラウマ解消の継承

ボビーは、テッドに連れられ、今は亡きベースボールブレーヤーであった父親が通っていた賭けボクシングのバーに連れられて行くと、

受付の女性から若き日の父親の写真を貰います。

お金に苦労した母親から、いつも父親の悪口ばかり聞かされてきたボビーはとてもシャイに振舞いますが、

そこで父の本当の姿を教えてもらい、長年トラウマになっていた心が晴れ渡る思いをします。

この地でかつて遊んだ幼馴染二人の死を哀しみつつ、昔住んだ家に向かう途中と結末で目にした少女が、

偶然にも初恋の少女の娘であったことが判明し、思い出の写真を渡します。

何かに深く悩み荒んでいた風の少女が、子供時代の母親の写真を目にして涙し、

かつてボビーが抱えていたようなトラウマの解消が近いことを端的に描いています。

実際に見てみたので感想を述べます

①ファンタジー短編小説のような映画

「アトランティスのこころ」は、そのタイトルやスティーヴン・キング原作ということもあり、超常現象もののイメージを感じますが

「スタンド・バイ・ミー」にも似たノスタルジックなヒューマンドラマだと思いました

物語冒頭の誕生日プレゼントが、大人用の図書館カードであったことがタダでつまらなかったとするエピソードに対し、

テッドの本に対する見解を示すセリフも興味深いです。

回想シーンが多く退屈な映画かと思いきや飽きることがないのは、刹那的な心情に振り回されたノスタルジックストーリーではなく、

子役たちの可愛さと演技力が際立っていたからかも知れません。

母親は極めて現実的でまとも、超常現象でもあるテッドの力“アトランティスのこころ”のような力には全く理解がないポジティブな人であり、

一方主人公のボビーはカメラマンとなっただけあり、どこかナイーブでアーティスト的です。

子供と老人の不思議な取り合わせではあるものの、ファンタジックな日常のやり取りや出来事は、

ずっとこの二人の姿と日常をこのまま見ていたいと思わせるものがありました。

②謎のままで終わる老人テッド

新聞記事により、テッドがFBIに追われている理由は判明しましたが、ボビー少年と出会うこれまでと連れ去られた後は全くの謎でした…笑。

謎ではじまり謎で終わるという地方で過ごした少年時代を回想する物語は、ほんのわずかにホラーでもあります

ボビーが泣きながら、車に乗せられ走り去るテッドを追うシーンは切ないです。君のことは忘れない、と繰り返し言うセリフも意味深でした。

ボビーは初老ですが、死ぬにはまだずっと若く、テッドを一緒に見たことがある幼馴染の男女二人が、事故や病死とはいえ既に亡くなっています。

このあたりは、続編のようにその後のストーリーが描かれてもおかしくない位の内容に思いました。

元々ボビー少年は勘の良い所がありましたが、トランス状態のテッドに触れた際に、相手の心を読める能力を一時的に受け取っていたようでしたが

その後何かを感じる能力はなくなっていたことははっきり語られています。

主役の子供時代を演じたアントン・イェルチンは、両親がスケート選手のロシア系難民であり、

その生い立ちを象徴しているかのような内容でもあります。

③幻想的なクリスタルグラス

冒頭と途中には、ボビーが危険を察知する時に出てくる、幻想的なクリスタルグラスのミラーボールと、スープスプーンが印象的でした。

ボビーが少年時代に宝物として木箱にしまっていたクリスタルカットグラスのスープスプーンは、

大人のボビーの部屋では幻想的な煌めきを放つクリスタルボールになっていたのですがこれらは、

子供ではなくなりボビーが失ったはずの“アトランティスのこころ”と例えられた不思議な能力とも、

子供時代の美しいノスタルジックな思い出とも解釈できると感じました。

原作は短編集で、もっと長いお話らしく、テーマは純粋な心の喪失という事だそうです。

亡くなった幼馴染達は、純粋な心を失ったというサブストーリーが本来はあるのかもしれません。

そう考えると、大人になったボビーは、アトランティスのこころをまだ持っているとも解釈できます。

“アトランティスのこころ”とは、ベビーブーマー時代のアメリカ人の心とも感じました。

アトランティスのこころを見るにはU-NEXT

アトランティスのこころ以外にも、こういった昔に公開された名作が隠れているのがU-NEXTの隠された魅力です。

アトランティスのこころが気になった方が31日間の無料期間でその他の作品も楽しんでみてください。

毎回、どこの動画配信サービスよりも最新作を早く公開しています。

他にも気になる作品を好きなように見られます。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サンフランシスコ・シリコンバレーに留学していました。 現地では人生を懸けて戦うシリコンバレーの日本人の生き方を日本にいる人たちに伝えたいということからインタビューをしていたり、学生がシリコンバレーの情報を継続的に届けているメディアなどがないと思い、その時からブログを運営し始めました。 現在は経済学部4年生をやりながら、六本木でPMをやらせてもらっています。関心分野はシェアリングエコノミーとブロックチェーンで、女性権利問題に大きな課題や憤りを感じています。優しい社会を創りたい。