どうぶつの森が懐かしい!!だから「ポケットキャンプ」で遊んでみた




こんにちは。アメリカの生活では一切テレビを見ないことと、日本のニュースは自分で取りに行かなければほぼ情報がないため、主にTwitterとFacebookを用いて個人的に興味があるもの、News Picksで全体的な情報収集を行っています

いつも通りTwitterを見ていると、友人が「どうぶつの森」をプレイしていました。

当時何もわからなかった僕は、「なぜ留学先でどう森?」と不思議に思ったので調べてみると、どうやら「どうぶつの森~ポケットキャンプ~」のローンチ日だったそう。

新しいものはとにかく試してみたいという思いが強いため、どうぶつの森をやってみました。
(DSとWiiのどう森で遊んだことを思い出していました。ドラドが手に入らずに金の釣竿を断念した三浦ゲーム史上初の挫折をした。)

どうぶつの森~ポケットキャンプ~

「どうぶつの森~ポケットキャンプ~」はiOS、アンドロイドに対応したスマホ用アプリケーション。

スポンサーリンク

従来の64、DS、Wii版と体験はほとんど似ていて、例えば家をデザインするために家具を集めたり、魚や花、果物を集めたりします。

ただ、携帯という誰もが持つ利便性の高いおもちゃで人気ゲームのどうぶつの森ができるということで、これまでやっていた世代の人たちだけでなく、今の小学生や中学生など、ティーンエイジャーにまでも普及しそうだなとは思っています。

遊び方

遊び方は非常に簡単です。アプリをダウンロードしてからチュートリアルに従い、進めることにより自分で動かせるようになります。

僕は多くはプレイしていないのですが、釣りや虫捕りを楽しめたので中々お腹いっぱいでした。

どうやらこのどうぶつの森は従来の虫捕りや釣りでコレクションして遊ぶという要素は薄く、むしろ住人と仲良くなったり(好感度が数値化して見られるため)家具を増やしてみんなで楽しんだするよう。

スマホのゲームなので、ネットワークが効くことがこれまでの「どう森」と違う一番の特徴なのではないかと思います


住人からの依頼をクリアしてリーフチケットのようなものやどう森コインでこういう家具が買えるみたいです。

どうぶつの森のいいところは自分の理想郷を描けるところですよね。(僕はDS版で一番大きな家の中で虫の部屋、魚の部屋、化石の部屋という風に部屋を作っていたところ、妹に若干引かれたのを覚えています。)

考察

プレイをさらっとサービスの観察ということで見てみたのですが、フリーミアムの形に近いのではないかなと思っています

このゲームは住人に頼まれた依頼をクリアして信頼やイベントをこなして、自分の好き住処をデザインすることができるようになるのですが、それを効率よく達成するためには素材をできるだけためておくことが条件クリアの近道になるのではないかなと思いました。

ただ、それを早くクリアしたかったり、持てる素材の分母の上限を増やすためには必ずレベルアップが必要です。

レベルアップをさらに早め、ゲームの高みに早く登りたい人向けに課金が発動され、アイテムを購入したりすることができるようになります

また、最初は比較的捕まえやすい生き物が条件だったりしますが終盤になるにつれ、依頼がどんどんハードになってくるだろうなと感覚値で(これまでのゲーム経験で)感じています。

これまではDS版、Wii版などでソフト単体でおよそ4800円~6800円(神奈川県旭区~泉区←狭っっっ)で売られていたものも、今後の仕掛け方次第でマネタイズ方法がたくさんあるなと思いました

また、pokemon Goもそうだったのですが、昔からファンをつけている作品をサービス化したり、ゲーム化することはファンがいるため、顧客が囲い込みやすいなと感じています。

そのため、昔打った施策をこれからどう活かしていくのか、または今興したものを先々どうしてくのかを考えることがますます重要になってくるなと思いました。

ただ、大好きだったどうぶつの森も、年齢を重ねるにつれて、こういう視点から捉えるようになってしまうのだなと感じるので、少し僕の童心が寂しい思いをしていたり。。

トイザらス伊勢崎店でおじいちゃんに「これ買って!!」と言っていた頃が懐かしいです。。あー、なんだか泣きそう。

P.s
ネットで調べるとどうぶつの森を「ぶつ森」と略しているところが多かったのですが、僕が小4(2006年あたり)の世代はみんな「どう森」と呼んでいるのかなと思っているのですが、どうなのでしょう。

必ずここはどう森をマジョリティにしたいところ。みなさんVoteお願いします。



サンフランシスコ・シリコンバレーへの留学を考えている方におすすめの記事

▼留学したらこうなる

アメリカに6ヶ月いて変わったこと、感じたこと【アメリカと半年記念日を迎えてみて】

▼シリコンバレー留学の前に必ず読むべき記事

【これで準備万端!!】サンフランシスコ・シリコンバレーの生活で入れておくべきアプリ10選

シリコンバレーでインターンしたい学生必読書

 

▼アプリ・サービス体験記

【もうお店に並ぶ必要なし!!】オーダーからお会計まで全てデバイス上でできてしまうレストランアプリAllsetを使ってみた

【アメリカ版生協現る】食品デリバリーInstacartを試したらどはまりしてもうスーパーに足を運びたくない件について

▼SNSたちはこちら(Twitterの更新頻度高めです)

Twitter

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サンフランシスコ・シリコンバレーに留学していました。 現地では人生を懸けて戦うシリコンバレーの日本人の生き方を日本にいる人たちに伝えたいということからインタビューをしていたり、学生がシリコンバレーの情報を継続的に届けているメディアなどがないと思い、その時からブログを運営し始めました。 現在は経済学部4年生をやりながら、六本木でPMをやらせてもらっています。関心分野はシェアリングエコノミーとブロックチェーンで、女性権利問題に大きな課題や憤りを感じています。優しい社会を創りたい。