留学生が海外で自炊をするべき理由




こんばんは。海外で初めて自炊をいたしました三浦です。

オーストラリアへ行った時はホームステイで自炊することはなく、その他過去の海外旅行も、食事はレストランかお惣菜的なもので済ませていました。

そのため、今回が人生初となる、海外での自炊なのです!どーん

そして、今回作るものはこちら!!

f:id:m-fumifumi:20170520120045j:plain
そうです。マカロニです。

スポンサーリンク

僕はペペロンチーノなど、パスタ系は扱ったことがあるのですが、マカロニは初めてなんです。

これを後輩に伝えたところ、え、パイセンまだマカロニ作ったことないんすか。私小3で体験済みっすよって言われました。クヤシス

今回はマカロニ作りをみなさんにお付き合いいただければと思っている所存です。

1.水に浸して火をつけ、沸騰するまで待つ。

(作り方はいわゆる”オレ流”です。マカロニを作る際は僕の記事でなくクックパッドなどを参考にしましょう。)

f:id:m-fumifumi:20170520120118j:plain
家のIHに慣れず、いつ火が点いたのか不明だった件について。

2.熱が通るか確かめる。

f:id:m-fumifumi:20170520120253j:plain

湯気がたってきました。

3.ファアアーってなる。

f:id:m-fumifumi:20170520120443j:plain
いい感じに茹ってきました。この時点で味見をします。海外で何を食べていいかわからず腹ペコなので失敗は許されない

4.ざるにマカロニを移す

f:id:m-fumifumi:20170520120539j:plain
ざるに通した後に、冷水で冷やしました。「あっためた上で冷やすなんて」と思われるかもしれませんが、これはいじめではないです。れっきとした調理です。そして新たなレシピ作りでもあるのです。

5.トマトソースでひたすらあえる!!

f:id:m-fumifumi:20170520120803j:plain
ビンのトマトボトルをフライパンに入れ、かき混ぜます。トマトがこぼれたりして意外と難しかったです。

6.完成!! 今夜はトマトマカロニとフルーツです!!

f:id:m-fumifumi:20170520121016j:plain
完成しました!!ひたすらに茹でて混ぜたマカロニと、市販のフルーツです!!

味の感想とまとめ

果たして味の方は…

「うまおっ!!!」思わず声出ましたが。これは文句なしに美味しかったです。一口目が。

その後は味にだんだんと飽きてきて、一口目のような感動はありませんでしたがそれでも着々と食べ進められました。

フルーツも、この大きさとなるとかなり食べ応えがあります。今まではなんとなく済ませていた食事でしたが、今回は楽しい食事となりました!!

また、自炊をやる大きな理由の1つは食費を抑えることができるから。気になる料金の方は…

マカロニ=0.8セント(袋8割使用)
フルーツ=4$(まとめ買いディスカウント効いてます)
トマトソース=20セント(割合1割)
→5.0$

でした!!

欲張りのフルーツを抜きさえすれば、これは非常にいい値段だと思います。

安い!シリアルが1つ4.7$もするので、ここまで食べれられて安いといいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

シリコンバレー・サンフランシスコの生活をもっと知りたい!!そんな方向けの記事

▶︎サンフランシスコ・シリコンバレー留学を半年振り返ってみて感じる・考える6つのこと

▶︎【待ち時間0分!?】外食にAllsetをおすすめしたい3つの理由

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

サンフランシスコ・シリコンバレーに留学していました。 現地では人生を懸けて戦うシリコンバレーの日本人の生き方を日本にいる人たちに伝えたいということからインタビューをしていたり、学生がシリコンバレーの情報を継続的に届けているメディアなどがないと思い、その時からブログを運営し始めました。 現在は経済学部4年生をやりながら、六本木でPMをやらせてもらっています。関心分野はシェアリングエコノミーとブロックチェーンで、女性権利問題に大きな課題や憤りを感じています。優しい社会を創りたい。