シリコンバレースタートアップまとめ(2) スマートシティ&広告最適化サムライ

今回もシリコンバレーの気になったスタートアップをまとめていきたいと思います。
英語を読むことで時間がかかることに加えて、まとめる時間も多くは取れていないため、簡素にそして2社ずつでも紹介できれば少しでもスタートアップを取れる情報媒体が増えるかしら?というちょっとした思いでやっています。
あんまり受けなかったらやめようかと考えています。。泣

1.《コネクティングカー》NEXAR


自動車事故をなくすことをミッションに、スマートシティ化を目指すスタートアップ。

フリートというものがあり、アプリと自動車に備え付けのビデオつきセンサー(有料)をマウントすることによって事故の防止や、もし事故を起こしたとしても常に撮影しているため、訴訟の際や保険金の削減などに役に立つといいます。

また、スマートシティを実現するためのCityStreamというサービスはインフラストラクチャの欠陥性、道路の危険性、衝突の確率、事故現場などのストリートレベルの情報をリアルタイムで発信することができ、パブリックドメインをデジタル化を目指しているといいます。

実際には、コネクトされた自動車は、機械学習の機能の一部を用いて都市のダイナミックスを捕捉し、ローカライズされるそう。その後に、データストリームはコンピュータビジョンアルゴリズムによって処理され、道路状況、交通パターン、障害物、インフラストラクチャに関するリアルタイムの洞察を識別して抽出することで、前述のリアルタイムの情報の伝播が可能だといいます。
しかしこのデータはパブリケーションなものでないため匿名として、地方自治体およびアプリケーションが所望のデータプロファイルおよび地域に従ったインタフェースを介して配布されるそうです。

施策として全自動車にセンサーを備え付けることでそれぞれの自動車が自動に渋滞、事故現場、お互いの自動車を避けて動くことができる未来を想像しているとのことです。

動画を見てみると非常に面白いのでおすすめです。
簡単にまとめると、「車同士が生き物のようになり、信号や危ない場所を覚えて勝手に避けたりするようになる
ということです。

→NEXAR

2.《モバイル広告分析サービス》App.Samurai


すみません若干(かなり)名前に親近感を持ったため勝手ながら紹介させていただきます。。

B2B向けモバイル広告分析し最適化するサービスを展開するサムライ。サムライの中でもかなりTech寄りなサムライ。
無料でApp Samuraiに登録することにより、ストアのカテゴリランキングなど重要な指標を追跡し、企業のアプリストアのランキング改善を行う。また、競合他社のポジションの把握をする際にも可能有効だそうです。

サードパーティツールとして追加することで、最適化された広告費プランを作成し、あらゆる主要な指標を追跡することがが可能。ここがこの会社の主なマネタイズになっているようだ。
ちなみにこれは効果のないチャネルを排除し、マーケティング目標を達成するために費やす費用を削減するのに役立つそうです。

これまでに既に800万ダウンロード、6000を超える広告キャンペーン、2000以上のトレンドアプリがApp.Samuraiから生まれているという。また、40ヵ国以上で広まっており、NIKEやZALORA、MIGROSなどといった著名な企業にも導入されているようです。

サムライに惹かれて調べてみたのですが、既に大きな実績を残しているようで感動。。
というのと、「サムライ」がもっと広まって、外国人はみんな知っているという文化になれば
もし英語が話せなくとも「サムライ」さえ言えればウケが取れると思うので(僕が知っている外人の友人はみんなサムライ好き)、それも兼ねて応援しております。

→APP Samurai

P.s
使われているサムライのキャラクターが僕の知っているサムライとかけ離れているのですがこれは突っ込まない方がいいやつですかね。。