メルカリサンフランシスコの新オフィスへ遊びに行って来ました。

こんにちは。
今回はメルカリのサンフランシスコ新オフィスへ遊びに行かせていただいたのでそれについて少し書きたいと思います。

最近オフィスが移転したのを聞いていたため行ってみたいと思っていたところ、お世話になっている方が許可を出してくださったためとうとう新オフィスに足を運ぶことができました。

そもそもメルカリってどんな会社なの?


まずはメルカリのおさらいから。

日本で知らない人がいなくなるのではないか?という勢いで成長を続けているメルカリ。
メルカリが展開するサービスは、C2Cのマーケットプレースです。

アプリに登録するだけ売る側はでいらないものをお金に変えることができる、そして買う側は定価より欲しいものを安く買うことができるという循環を生み出しています。
(ちなみに僕もメルカリで不用品を売りまくって3ヶ月で40万円売り上げたことがあります。。利益は全然でしたけど…笑)。

誰にでも労働収入以外でお金を生み出すことができるチャンスが増えたということと同時に、
このように、多くの消費者を助けると同時に多くの消費財も助けています。
誰でも無料で売れることから人気が広まり、リリースした当時は売り上げ手数料も取られなかったために多くのユーザーが使い始めました。
その広まりは勢いを止まることを知らずに、CMで知る人、友人からの口コミで知る人、ヤフオクから移ってきた人など流入先は様々です。(ヤフオクは売る権利を得るために400円/月払う必要が当時はありました)

しかし意外に(?)メルカリの歴史は浅く、実は2013年に創業されたばかりなのですよね。
これだけ今流行っていると、歴史が深い会社だと思ってしまうのですがまだ4年です。
なぜこれだけ早く広まったのか。僕はそれは勝手にチームが素晴らしいからだと思っています。

チームの大事さ

創業者の山田進太郎さんは早稲田大学を卒業し、楽天に務め、のちに自身の会社を創業しています。
会社を譲渡した後、2013年の2月にメルカリを創業しています。
そしてメルカリは今や日本企業で唯一のユニコーン企業として知られる上、山田さんご自身は日本起業家ランキング1位となっています。


ただ、山田さん一人で行ったのでなく、山田さんを中心としたかなり実績のある方々でチームを組んでいることにより、より速いスピードでサービスを展開できたのではないかなと思っています。
実際にメルカリの創業チームメンバーについて書かれているものはこちらになります。
このくらいすごい人たちが集まれば、なんでもできそうな気がします。。そのくらいすごいです。

Y Combinatorのポールグレアムが一番重要視するのが『チーム』だそうです。なぜなら
「アイデアが悪くともチームがよければ修正できるが、アイデアがよくてもチームが悪ければ失敗する。」
と口を酸っぱくして(Y Combinator & グレアムの記事より)言っています。
メルカリはチームがものすごいからこそ素晴らしいサービスが出せているのだと思っています。
僕もユーザーの端くれではあるので、これからも走り続けて欲しいです。

そんなメルカリのオフィスへ見学に行って参りました!!

危うくオフィス訪問のことを載せるのを忘れてしまいそうなほど、メルカリのことを調べることが楽しくなってしまっていました。。笑

しっかりとメルカリオフィスの風景を上げていきますよー!

エレベーターを降りるといきなりかわいらしい感じのクッションやキャラクターがお出迎え。
サンフランシスコだからなのか、クッションに様々なカラーや意味合いがありダイバーシティを感じました。

受付はこんな感じです。かなり綺麗で広く、快適さしか感じない空間。
受付の正面にはメルカリのキャッチコピーである「Be Bold-大胆にやろう-」という文字が。
サンフランシスコにも来ているし、もっと大胆にやったろかと思っている三浦です。
ここは社員食堂的な感じなものでしょうか。とにかく綺麗の一言で、こういうところで働けるのいいなーと思います。
なんとメルカリのオフィスからはいい景色が見えます。サンフランシスコの街並みは非常に綺麗で個人的にすごく好きなんですよね。また、手前にはカラフルな椅子があり可愛かったです。

まとめ

実はもっと写真を持っていたり伝えるべき箇所はあるとは思っているのですがもしかしたらメルカリさんに怒られてしまうかもしれないという懸念があったため(記事書いていいかはしっかりと確認してあります。笑)メルカリ公式ブログに載っている箇所プラス2個くらいをピックアップしました。

以前実はメルカリサンフランシスコの旧オフィスに伺ったことがあるのですが、そことは一変していて広さは5倍くらい担った感覚で、ミーティングルームも増えている印象でした。
場所で仕事効率変わるだろうなーと、強く思いました。

また、個人的にメルカリの方と何人か親しくしていただいているのですが、みなさん非常に親切な方達ですごいバックグラウンドをお持ちで、非常に尊敬しており、こんな学生一匹に時間を割いていただき本当恐縮です。。
将来何かしらの形で必ず返すことを心にいつも刻まされます。

そんな素敵なメルカリのオフィスにお邪魔してきました!という、今日はそんなお話でした。
最後までご覧くださりありがとうございました。

《p.s》
メルカリさんに注意されたらオフィスの写真デリートしてその分メルカリについて綴ることにします。